ブラウザ三国志回顧録

冬眠終了。さて…次は何で遊ぼうか (;゚д゚)ゴクリ…
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/08/21(水)
タイトル中のイベント課金てのはダスイベント中のダス引きのみ課金。
4期の定額課金よりは額増えてるけど、
1イベント1~2諭吉だったので今からすれば可愛いもんです。

この期は第一次隠居生活ということで書くこと特にないんだけど・・・。
どれくらいのやる気のなさかは歴史書を見ていただければわかると思う。

5ki.jpg


同盟はクエクリみたいなもん。
剛田時代にできなかったことをやってみようと思い、
初日にINしてNPC砦へ単騎連打(ポイント稼ぎ)!
見事新人君主ランキング入りし武勲獲得(プロフ参照)。

(#´ー´)旦 フウゥゥゥ・・・今期終わった(ぇ

あとはほとんど宿舎を建てては壊してくれる妖精さんが仕事をしてくれた(
が・・・しかしこの期は色々とブラ三そのものにテコ入れが入る。
結果的にこのテコ入れが原因で今まで続けてしまっていることに・・・。
具体的には

・SPダスの開始(魏SPはすでにあったけど、この期に始まった呉SPが問題)
・建築TPの廃止(妖精さんの仕事がBP稼ぎだけになってもーた)
・デュエル革命(旧仕様から現在の仕様へ変更)

他にもあるけど関係あるとこだけ。
デュエル革命なかったら5期でやめてたな・・・



( ゚д゚)ハッ!

で、5期の残り期間はデュエルだけ頑張ってた。
ちなみに4期の終わりからデュエルランク1ページ目を目指して作ったのが

メイン:UC公孫瓚(騎兵強行、千里行、神速)
攻撃:適当
知力:SR蔡琰(4期のレベリングで知力33.4を確保)
防御:SR張角(同じく4期にレベリング)
速度:忘れた・・・多分UC郭汜とか

これで難なく1ページ目に到達。


さて、本格的にやることなくなったなあって所で見逃せない新カードが実装される。

そう、R郭汜の登場である。
しかもデフォスキルが強襲突撃(KTG)とデュエル向き。
さっそくメインとしてR郭汜を作る。
TP調達は妖精さんの働きと4期までの資産(飛将・神医・UR黄GUYなど)を売却。


スコアを盛って、千里行&神速を付与し修行。
連打でALL9にした。

(#´ー´)旦 フウゥゥゥ・・・完成(ぇ

ところがである。
今となってはおなじみであるが
「デュエルメイン武将が完成したら次のぶっ壊れがすぐに実装される法則」
通称「トプ子の法則」はこの時始まったのである。
うんトプ子の法則とかないけど。まあ言いたかっただけ。

R郭汜完成してヾ(*´∀`*)ノキャッキャしてたら呉SPである。

そう、限定武将のSR甘寧によって強襲突覇(KTP)通常付与が可能になったのだ!






(´・ω`・)エッ?飛蹄じゃなくてそっちなんw
うん、私デュエリストだから(震え声

てことでR郭汜の作り直し(´Д⊂グスン
SR甘寧高いのにイバラ合成なんてできないから、
R郭汜を買い直してスコア盛って、KTPと強襲速撃(KSG)付与してしゅg(ry

(#´ー´)旦 フウゥゥゥ・・・今度こそ完成(ぇ

速度枠に弓呂布を買って修行して、攻撃枠には新たに実装されたSRsmk買って修行して。
(兵はいっさい作ってないので5期のレベリングは全部修行w)

結局構成は

メイン:R郭汜(KTG、KTP、KSG ALL9)
攻撃:SRsmk
知力:SR蔡琰
防御:SR張角
速度:UR呂布

に落ち着いた。

当時は永世覇王kantoが神呂布で断トツ1位で次いでヒロ51さんがSR董卓で2位、その次に私。
(レートは覇王だったけどこの時蒼葉はすでにデュエル参戦してなかった)
(多分じゃむもだけど・・・いいや最弱の話はおいとこう)

それでkantoのWIN-WIN作戦・・・
えっと2戦だけデュエル登録し3戦目は登録しないことで

1位:kanto 2戦2勝  (レート+)
2位:ヒロ51 3戦1勝2敗 (レート+)
3位:topc  3戦2勝1敗 (レート+)

こんな感じで3人揃ってレートが少しづつ増えていく状況だった。
(旧デュエルは登録者の中でレートが上から順に対戦相手決まる)

ちなみにkantoは3期百花繚乱系から4期は剛田入りして長者になってた、
ヒロ51さんは全く面識なかったんだけど、
8期OTIで一緒になるとはこの時夢にも思わないよね(お決まりのデジャブ


( ゚д゚)ハッ!

WIN-WIN作戦によって時間さえあればR郭汜で覇王が取れるかもしれない・・・。
しかしそう甘くはなくレートが2800を超えたあたりで事件が起こる。
そう、デュエル革命である。

速度至上主義から一転して飛将じゃんけん大会ぇ/(^o^)\

R郭汜ではどうにもならないので、
4コスとしては安かったUR典韋をメインに育てて5期は終了。

5期終了間際に元剛田のCAAD(現・CA48)&酒仙(現・もひちょん)から

「来期は元剛田メンで集まってまったりしようって話になってるだけどくる?」

と誘われてデュエルしかやらんでいいならいいよー。って返事した。
そしたら数日後いきなり

「来期南東完全制覇を掲げるOTIに皆で参加します^^」

Σ(゚Д゚;エーッ!

ということで6期は変態達の巣窟OTIに所属することが決まってしまった。
この時点で所持していたカードはデュエル用の5枚だけ!
(実はもう1枚UC馬超がなぜか残ってたけどLV40くらいのしょぼしょぼ…)

5期は伝説のKTO杯とか袁公と元剛田メンの間で色々とあったようだけど完全部外者だったのでよくわからず・・・
元剛田メンの件については外から見ててやっぱ受け皿同盟作るべきだったかなあと思ったときもあったが、
でも5期に完全隠居プレイをしていなかったら今まで続いてないと思う今日このごろ。
2013/08/19(月)
1期:無課金
2期:微課金
3期:軽課金
と着実に課金額が増えていたが
4期はというとデッキコストUPや資源・経験値UPといったいわゆる定額課金に落ち着く。
まあつまりは・・・飽きてたんだね。

さて、開始前から4期で解散宣言をした剛田雑貨店。
はっきり言って剛田一強すぎと外から言われたとおり戦争しようにも向かってくる相手はいなそう。
また、効率農耕プレイで楽しむというのは3期まででやりきった感があった人が多数。
同じ事繰り返してもつまらんわね。

と言うことで、盟主空白よりハート連合は解散し、4期はやんちゃします宣言。
まあこの辺は空白日記に書かれてるけど剛田と競合するNPC砦・城を落としたら宣戦布告とみなします的な感じ。

さて、私はというとたった5人の少数同盟から始めた君主が、
鯖1位の同盟の幹部である軍師を拝命するというサクセスストーリーがウンタラカンタラ。



( ゚д゚)ハッ!

まあ4期も遠征班を仕切っていたわけです。
完全に飽きてたんだけど遠征に。
せっかく引いたUR黄GUYを使いたくて初日車製作するもあえなく散歩に終わるというアクシデントもあったり(´Д⊂グスン

ちなみに4期剛田ではSMK同盟デュエル班でおなじみのロックス先生が大督やったり、
蒼葉(現・鳳蝶)&じゃむおじ(現・じゃむ王子)は遠征班に加わったりした。

その後じゃむおじが同盟立ち上げるなんてこの時は夢にも思わないよね(デジャブ
新生じゃむ同盟の名前「奇天烈大百貨店」の由来になったと噂の「べんぞう」さんも遠征班だったり…これはまあいいや。

4期の剛田遠征班は40人弱。
なぜか飛将持ちが複数名いたりしてそこら辺の中規模同盟なら遠征班だけで瞬殺できるレベル。わりとまじで。
そんな他同盟ならエースクラスが遠征しとるのが剛田のすごいところ・・・。
基本的に本店同様遠征班も恐怖政治・独裁政権でやっていたので鬼軍曹と呼ばれていたあの頃(トオイメ
スーパー仲良し(ロックス先生)にお願いされた遠征班のじゃむおじがNPC砦の護衛出兵をしていることが判明し、

「遠征班が遠征以外にデッキ使ってんじゃねえよ!」
「遠征班に護衛依頼すんなし!」

的なやり取りでロックス先生と遠征班に一悶着あったとかなかったとか。
この出来事がトラウマとなりじゃむおじは自分に遠征班は無理だと悟ったとかなんとか。
まぁじゃむ王子には遠征なめんなとだけ言っておく。

ああ、そういえば3期の終わりにちょっとした事件があって加入したOTRのあろんぐさんも4期は剛田遠征班。
さらにOPI(現・OTI)も4期は最初から剛田でやってた気がする。

さて4期の遠征はというと(やっと話戻る

晴虹「砦どれくらいほしい?」

空白「取れるだけ全部。」

晴虹「わかった。」

topc「アホかw死ぬわw」

晴虹「よし!死のう!」

topc「( ゚д゚)ポカーン」

これ本当にあったやり取りで結局南東ほぼ全域を取れるだけ取ろうということになる。
まあ競合取ったら宣戦布告ってので砦包囲する必要がなくて隣接1マス取れればいいとはいえ…ね。死ぬわ。

長沙をすずめくらしに包囲されかけたんだけど拠点立てるのが早かったこともあり逆包囲!

ビフォー
4ki_1.jpg


アフター
4ki_2.jpg


大人げないだなんだ言われたよぇ・・・。
これ、あまり話に上がってないかもしれないけど、
競合取ったら宣戦布告ということで競合先を脅迫して奪い取ったとされてるんだけど。
実際には期初はたしかに脅迫というか忠告したけど後で一部譲ったんだよね。
具体的には雲南は競合だった七詞に長沙はすずめぐらしに譲った。多分ぇ。

当時のシステムだと城や武将砦の数に報酬が比例しなかったので、
余計に持っていても生姜・・・しょうがない。ってこと。
この城譲渡についても空白から
「せっかく皆が取ってくれた城なんだけど俺のわがままで返してもいいかな?すまんけど。」
という外から見たイメージとはかけ離れたALLYが届いたりした。

後述する戦争の戦後処理でも
「拠点剥ぎは今期で引退表明してるメンバーでやるか。
 来期因縁付けられても悪いしのう。」
等々ゲームを続ける同盟員への思いやりが垣間見るシーンもあったりしたのです。



( ゚д゚)ハッ!

話を戻します。
4期の遠征はこれまでにないくらい砦を確保して終了。
まあ相手は完全包囲しないと駄目だけどこっちは1マス隣接すればいいんじゃね・・・。そうなるわ。
遠征終了後の領地配分が残ってたので貼ってみる。

4ki_sei.jpg

まぁ南東全域庭みたいなもんだから資源には困らんよね。
で、遠征終わって少し落ち着いた頃に空白から
「戦争するならどことやりたい?」
と同盟員に質問が来る。
この時同盟員が答えた同盟に次々と宣戦布告。(KATANA・替天行道・ブルラグ・ブラコスetc.)
まあ理由は統合前にやられたからだったり○期に因縁ありみたいなもん。
基本的に無害な同盟には宣戦布告してなかったと思う。朱☆雀とか南東で住み分けてたし。うん。

そして、宣戦布告した全同盟から降伏の返事(´・ω・`)
俺たち強くなりすぎたんや・・・ってことかね。
本当にこの時期はどこも相手してくれなそうだったので最高の環境でのレベリングを提供して終わるかーみたいな感じだった。

剛田チャットで麻雀が流行り始めたのもこの頃。
どう見ても麻雀>>ブラ三です。本当にありがとうごz(ry

で、しばらくしてNOAHに不審な動きありとの情報が舞い込んでくる。
袁公に騙されたとか噂もあったみたいだけど…戦争したかったし(ぇ

4期の戦争は指示は出してたけどもあまり働いてなかった気がする。うん、飽きてたんだよ。
NOAHと交戦中に期初に降伏した同盟が次々と参戦。うん、まあいいよ。
でも結局この戦争で剛田は誰一人落ちることなく終戦を迎えました。

戦争中の事件といえば…

前記事にコメントしてくれている鴨さん率いるブラコスが参戦した時、
村田・ヤムチャ・アズラエル氏が

「古巣に戦争ってのを教えてやりますよ!ブラコス盟主隣接には俺が行く!」

といった具合にいきんで飛ぶ。
そして無事隣接ゲットし砦を立てたが…

「援軍ありがとう。もう大丈夫!」

と中途半端な援軍数でストップをかけるという謎。
1VS多数に自身のある村田さんなら大丈夫なんかなあ(

案の定、中途半端な援軍が蹴散らされブラコス盟主周りの足場を失う大失態。
これには4期丸くなっていた空白も当然のブチギレ。
そしてなぜか村田さんもブチギレ。
その時の会話が

空白「勝手に援軍ストップかけてんじゃねえよ。足場失って戦争無駄に長引くじゃねえか!」

村田「空白さん!俺に挽回のチャンスをくれ!」

空白「知るかよ!指示は出してんだからドリル行くなり何なり勝手にしろ!」

村田「空白さん!指示をくれ!俺はそれに従う!」

周り一同「( ゚д゚)ポカーン」

topc「コントかよw」

空白「だよなあwなんとかしてくれよw」

とまあこんなやり取りで大爆笑させて頂きました。

最終的にはランス・クエスト発売日前に終わらせたいということで
発売日前々日くらいに敵同盟に最後通告を出し無事終戦。
これが伝説のランクエ終戦( ー`дー´)キリッ
・・・いや俺はランクエやらないんだけどね。

*思い出したので追記
 戦争中にレベリングしていることが判明(撃破スコア週間ランキングで)した剛田同盟員の処罰について
 空白や酒仙は「拠点全剥ぎでもいい。」と言っていたが
 「さすがに敵同盟よりきつい処罰はないんじゃないの?戦争は動かなかったけど攻略とかはちゃんとしてたし。」
 といって処罰はポイントリセットにとどめてもらう。
 酒仙がそれじゃぬるいと怒り狂ってたので「だまれ!」と一蹴したら完全に鬼軍曹の呼び名が定着ぇ


ということで、莫大な砦ボーナスの結果こんな感じに

4ki_buki.jpg


4ki_hou.jpg

軍極全盛期の当時、軽課金で2000万超え(最終的には2400万くらい)はなかなかですよね。
もう隠居するつもりだったのでレベリングも超適当。
そして軽くデュエルで1ページ目でも目指してみるかなと思ったのが地獄への入り口だった。
近衛オンリーでレベリングしてたんだけどSR張角の足が遅すぎて無駄すぎ近衛レベリングは二度としないと誓う。

ちなみに4期のお絵かきは遠征班の合言葉「ヒャッハー」。
遠征班の中でも赤モヒ隊、茶モヒ隊みたいな感じで部隊分けしてたん。今思うとなんでなんだぜ。

4ki_e.jpg

5期は4期よりもネタがないんだぜ(ぇ
2013/08/09(金)
*飽きてきたよ(ぇ
*ちと面倒くさいので呼び捨てになってしまってます

2期で燃え尽きた感のあるリカクシが剛田にスカウトされて加入を決めたというのが前回までのお話。

3期は登録していた人ならほとんど知っているであろうハート連合VS百花繚乱連合なんですが、
書き過ぎると酷い内容になってしまいそうであんまり思い出したくもない人もいるでしょうし、
どうしたもんかと伏字にするかとか色々あれこれ考えていたんだけど、
えーいもういいか。時効だ時効ってことで。

さて、3期の剛田といえば空白がしきる超絶効率厨同盟で
外から見ればまんまジャイアンみたいな同盟に見られていたんだと思う(自分もそう思ってた)。
しかしながら中に入ってみると同盟内の雰囲気は悪くなく、当然ながら非常に合理的であった。
具体的には役割分担の明確化と賞罰の徹底あたりだろうか。
僻地には遠征班の拠点用地・資源地確保用に聖域を設けて遠征班以外は侵入禁止とし、
遠征班は本部に上がっても寄付ノルマ無し等の優遇もあった。
細かいところだと剛田チャットでは「さん」付けしないルールとかもあった。

そして、鯖開始日夜に剛田チャットに入ってみたら40~50人くらいいてメチャクチャ驚く。
少数同盟の遠征屋だったリカクシがいきなり本部に入れるわけもなく、
初日はリカクシメンで集まって剛田スゲー、ぱねぇって騒いでた。
クエスト選択制になったとはいえ、
鯖開始数時間で「車できたー。」とか「車○○台できたから往復させるわー。」とか当時は意味不明すぎるのぜ。

翌日(鯖開始2日目)の夜に足場役を投入し「遠征班は遠征チャットに集合!」との号令がかかる。
遠征チャットに行ったら遠征隊長晴虹の言葉に衝撃を受けることになる。

「遠征班はリカクシ同盟に加入申請してください!」

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!


騙されたー。
遠征支部の事聞いても曖昧な返事しかないなぁと思ってたら、
こっちが遠征支部の母体なんかーい!

とりあえず悔しいので同盟TOPに
お姉さんに「一緒に走りませんか?」と誘われたのでついていったら騙されました。

と書き加え(すぐに修正されたけど)リカクシは剛田雑貨店リカクシ店となりました。
3期の遠征班は35人ほどで(250,-250)くらいから出発し、
翌日には南東武将砦の紅天大砦(308,-308)に到着、翌々日には朱雀砦(418,-418)に到着していた気がします。
朱雀砦到着後は複数部隊(真南・真東・真南東)に分けて朱雀砦より南東にあるNPC砦を全部包囲した・・・はず。
ちなみに人数が増えたのでリカクシ遠征ルールに注意事項を加えたのが↓

ルールを守って楽しい遠征

遠征の手順
1.ひとことで「出します(予約します)」と宣言
2.出兵する→着弾時間を掲示板に書き込む *原則ギャンブル出兵禁止
3.書き込み終了後、ひとことで「出しました」と宣言

注意事項
・基本道に沿って出兵すること
  但し、自分でショートカットして道に戻れる場合は道を外れてOK。

・出兵に長時間待つ場合は割り込みOK
  30分以上待つなら出兵してよし、逆に30分以上空いたら割り込み覚悟すること。
  但し、先が続かないなら割り込んでも意味ないから控えましょう。
  悪質な割り込みをして喧嘩しないように。

・高資源領地へのつば付けは禁止しないけどほどほどに
  遠征してないとみなされた人は晴虹キックの対象です。



1週間近く皆で連携して最南東到達までやり遂げるため、
剛田の中でも遠征班は非常に仲が良いという印象を他班に与えていたようです。
また、前期の回顧記事にも書いたけど遠征は基本的に序盤の内政を捨てるため、
遠征班に参加する人は同盟に貢献するという思いのある人なので遠征班に悪い人はいないと思ってます。

さて、その後はというと遠征班の働きに応えるべく攻略班も馬車馬のごとく働きます。
とくに大督みんみんの働きはなんというかもうスゴイとしかいえません。
1日に3ALLYは当たり前で、さらに個別にフォロー書簡をしていたことを考えると頭が上がらないです。いやほんとに。
3ALLYの中身は本日のNPC攻略予定(名声予報)、護衛依頼と配車依頼です。
凄まじいスピードで砦が攻略されていき、ガンガン増える名声、
あっという間に次の拠点が作成可能になり…ちゅうかほどんど村育ってないのにもう次の村できちゃうんですけどワロス状態。
鯖開始から1ヶ月くらいでもう9個目の拠点(名声248)が作成可能になっていました。

ここで一つ事件が起きました。
私の中では忘れがたい伝説的な事件です。



かの有名な天才軍師ムルタ・アズラエル氏がALLYで
「9個目の拠点もでき終盤戦に入りますので気を引き締めていきましょう!」

・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)エッ
一言で「終盤戦wまだ始まって1ヶ月だよ・・・」という総ツッコミを受けてましたw

ちなみに天才軍師ムルタ・ヤムチャ・アズラエル氏(当時2chでこう呼ばry)は同盟掲示板に戦術スレなるものを作り、
初心者への武将育成・戦術指導をするという優しい軍師でした・・・が超絶効率厨同盟の剛田には初心者が皆無でした(ぁ
というのは冗談で一応防御武将の話とか参考にしてましたw





・・・( ゚д゚)ハッ!
えっとそれ以外でも大きな事件というか3期開始から1ヶ月ちょいで東日本大震災だったんですよね。
まぁこのへんは思い出したくない人もいるでしょうしあまり触れません。
剛田も震災直後の不戦協定に賛成していましたが、
自分たちで不戦と決めて思っていれば良い事で、
わざわざ同盟TOPに掲げて外にアピールする必要はないというような話があった気がします。


さて、4月に入っていよいよ百花繚乱戦となります。
冒頭に記述したとおり私目線ではありますが、ありのまま書いてしまいます。
開戦の知らせが来たのは24時間前でしたが敵に漏れてしまったため開戦時間は1時間早まりました。
たしか17時開戦→16時開戦だったかな。
私は敵連合の代表である戦国盟主仕事人付近に飛び前線砦をポチッ。
剛田での戦争は初めてということもあり最初数時間は様子見しつつドリル。
落ち着いた所で拠点移動ポチッ。
深夜には仕事人本拠地まで3マスのところまできます。
が、ここで問題なのが仕事人隣接までのルートです。
その時の状況を図にすると・・・

89_1.jpg


だいt(ry
仕事人隣接するための選択子としては

1.戦国君主の配下バリア保護あけにめくる(20時間近く待ち)
2.第三者同盟(天賦)領地をめくる *のちに味方で参戦ですが天賦はこの時まだ参戦してません
3.空き地だけど第三者同盟(HRHM)の本拠地隣接を通過 *のちに敵で参戦し速攻陥落しますがHRHMもこの時まだ参戦してません

ちなみにルート上の戦国同盟員を追放し、隣接したのはたしか盟主の仕事人です。
この時既に深夜2時くらいであったため、
チャットでの周りの反応も薄くなってきていたため「とりあえず仕事人隣接まで3マスのとこに拠点移動するかな(チラッ」
とつぶやいてみたところ盟主空白より「あとで何とか(書簡)するから空き地通っていいよ」とGOサイン。
すると抵抗もなく仕事人隣接領地ゲット!ちゅうか隣接空き地だったし。拠点ポチッ、籠城設定ポチッ。
結局、百花繚乱連合の代表格だった戦国が開戦から約1日(26時間だったかな)で解散・盟主落城となった。
ちなみに隣接拠点ポチッたあと一眠りして起きたらもう一つの前線拠点で下げ忘れた遠征武将が仕事人の車を壊したりしてた。

その後しばらくして仕事人は「リアルで不幸があった、ほとんどINできず」的な情報が流れました。
身内に不幸があったかどうかは私に真偽を確認するすべがありませんのでコメントしません。
しかしながら「ほとんどINできず」というのはちょっとないかなと思います。
まず開戦当日夕方~夜に最寄りの同盟員を追放し配下バリアをしています。
翌日も前線砦に車を打ってきていますし・・・いいやこれ以上はやめとく。

戦国解散後はNOMEAN戦線へ飛びました。
とはいえ、戦国戦線で武将の消費が禿しく・・・いや激しく当時は神医なんてもん持ってなかったので、
せっかく飛んだ拠点を壊されてしまいました。
この時、空白より「topcは十分頑張ってるから今日は籠城設定だけ入れて少し休め」とありがたいお言葉をいただく。
多分外から見たイメージとはかけ離れていると思いますw
もちろん厳しい面もありますが最終的には「そういう指示を徹底できなかった俺が悪い」とか
基本的に責任は空白が持ってくれる、そんな盟主でしたね。

話を戻します。
翌日、武将があらかた回復したところでNOMEAN戦線に再び戻ります。
ルート上で配下バリアされたこともあり一気にはいけず、
丸一日くらいかけてNOMEAN盟主WhiteJackまであと10マスのところまできます。
が、やはりガッツリ配下バリアで進路が塞がれていて困っていたら…
「NOMEAN盟主北側に☆4だけど空き地ができてる!誰かはやく取得してー」
とエロ魔法使いカンウが叫んでいました∩^ω^∩ソイヤッソイヤッうるさいだけじゃなかったんや!


・・・( ゚д゚)ハッ!

私は反対の南側から進軍してたんですが拠点枠も開いていたし一言に早く気付いたので即出兵!
無事取得し拠点ポチッ。
(のちに前線に位置する村は剥がれる可能性があるので破棄しなさいとの指示がNOMEAN同盟内で出ていて領地まで破棄してしまったことを知る。)
しかし拠点がたっても周りは配下バリアだらけでした。
配下バリアがとけ再配下化されるまでの僅かな時間にめくるしかない…。
前日の正夢配下落ち時間は深夜2時過ぎ(ちなみに空白は配下落ち時間を正確に把握してた)。
深夜2時過ぎにNOMEAN盟主の隣接が取れるかもしれないということで大砲・車班が寝ずに待機。
配下バリアがとける瞬間を待ちます・・・平日深夜2時だってのに30人以上チャットにいたんじゃないかな…。
近くに拠点を立てている人は他にいないため、剛田大砲・車班が私一人のめくりに期待してる状態。
それはそれはメチャクチャプレッシャーでしたね(^_^;)

深夜1時過ぎた頃から前線に動きが出ます。
どうやら配下バリアあけに領地バリアがかかるように領地破棄→再取得をしている模様。
こちらの前線砦隣接領地は配下バリア→領地バリアでめくれない状態。
これはどこもめくれずに再配下化されてしまう・・・(゚A゚;)ゴクリ
その時の様子を絵にすると

89_2.jpg

d(ry
と、ここでまた空白より鶴の一声
「後で何とか(書簡)するから第三者同盟の領地経由でNOMEANではなく、であ盟主京極堂隣接を狙おう」
指示に従い第三者同盟の領地経由でめくるのに必要な武将をデッキにあげてその時を待ちます。
そして「配下バリアあけてるはず!ゴー!topcゴー!」とは言ってません。私が言いたかっただけ(

皆 「・・・」

空白「・・・まだか」

topc「・・・あと1マス」

皆 「・・・」

空白「くっ間に合ってくれ」

topc「いけたっぽい」

空白「めくれてる!よし!大砲班・車班出番だぞ!」



・・・数秒後
誰か「正夢再配下化されてるwあぶねー」

とまあ本当に数秒差、であ盟主京極堂隣接領地を取得し拠点ポチッ籠城ポチッ。

89_3.jpg

さて・・・しかしこれだけでは終わらない。
実はこの時すでにNOMEAN盟主の隣接領地も保護明け状態となっていることに私は気づいていたのです。
(ずっと地図にらめっこしてたから何時にどこが保護明けるかだいたい把握してた)
こっそりとNOMEAN盟主隣接もゲット!
一言で「WhiteJack隣接!」と報告すると、
「えーっΣ(・ω・ノ)ノ!」
「そっちも行ってたんかーい」
的なやり取りがなかったとかなかったとか(ぇ

かくしてNOMEAN&であ盟主ダブル隣接をやり遂げた達成感で眠りにつきましたzzz

翌朝、書簡をチェックすると
「topcは剛田雑貨店軍師に任命されました」

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

さっそく某巨大掲示板でも話題になっとるしー/(^o^)\ナンテコッタイ。
ということで3期戦争のMVPをいただき剛田雑貨店軍師になってしまいました。
偉くなったもんやで・・・本当に。

ちなみに当時の書簡が(空白日記とかにも貼られてるけど)


____________________________
送信者
空白
宛先 /ALLY
日時 2011-04-10 08:09:16
件名 topc軍師任命
本文 最前線の戦場を渡り歩き、
常に2つの前線砦を駆使して進軍し、
仕事人戦線では仕事人への電撃隣接、
WJ・京極堂戦線では、一瞬の隙をついて配下バリアを突破し
WJと京極堂に同時隣接するなど、
この戦果は、もはや超えるものがないと思います。

topcは遠征班としても最前線でがんばってくれたので、
武将砦包囲3つもtopcなくしてはありえません。

その「神速」の進軍を称え、topcを軍師に任命します。
____________________________

さて、NOMEAN&であ陥落後は戦闘マシーンと言われた「ともっふ」率いる特攻隊戦線へ・・・。

嘘です特攻隊盟主はテシュトリアです。
特攻隊は配下バリアを使うことなくガチンコで勝負したこともあり剛田内でも高評価でした。

その後、虹や虹色smkとか色々ありましたが次々に撃破していき終戦となります。
(この辺は私が飛ぶ前に終わってた)


ブラ三をやる上で一番面倒くさいし嫌なことは戦後処理であると私に教えてくれたのもこの百花繚乱戦でしたね。
譲渡拠点が畑破棄即完→倉庫立てて畑破棄即完されて糧村が倉庫村にされていたり。
こちらが停戦交渉の場を設けたのに幹部は誰もこず、来た人は「私は平だから(ry」とか
じゃあ幹部こいよみたいなウンタラカンタラでとにかく後味が悪い。

もちろん全同盟がそうであったわけではありません。
普通に同盟陥落して完全降伏した同盟もあったんですけどね・・・。
一部の同盟幹部は責任放棄し「各自の判断に任せます。」と言ったきり・・・いいやこれ以上は。

戦後は剛田の砦ボーナスウマウマ状態でレベリングをし(NPC砦の本当の意味での恩恵を知る)、
3期が終わる頃には軽課金としてはなかなかデッキが充実していました。
具体的には…

単騎:3コスUC飛将
引率:3コスUC極撃
内政官:3.5コスURに王佐付与
車:UR黄GUY(下の絵
回復:神医2枚

さて、4期以降はそこまでトピックがないので短くなりますが、
けして面倒くさくなったわけではありません。本当にそんなにネタがないのよね。

あと、書いて読み返してみて気付いたんだけどきゃべしがまったく出てきたなかったw
きゃべしの野菜通信(戦時は野蛮通信)は誰にでもわかりやすくまとめられており盟主補佐が本当に適役なんだなあと思いました(棒

89_4.jpg

これ引いた時、剛田茶では
「なんて人になんてカードを持たすんだ!」
「危険過ぎるw」
「運営乙」
なんて反応があり空白が釣られてGダス1枚引いたらUC張魯だったとさ(このくだりも空白日記にあったりします)。

最後にリカクシ名物の遠征班オプションお絵かき
3e.jpg
ファミコンのドラえもんを参考に作ったのはココだけの秘密( ´ノД`)

久々に過去ログ読み返してみると面白いよね(ぁ
ヤムチャのくだりは笑いこらえるの必死でしたw
2013/07/31(水)
*注意 長いよ!暇な時にどうぞ

1期の遠征成果から綿密に計画すれば競合先が中規模同盟だろうが大同盟だろうがウソだろうが!(しつこい
このメンバーで武将砦包囲を狙えるんじゃないか?よしやってみよう。ってのが前回までのお話。

ということで、早速準備に入る。
リカクシのブレーンがm21・22鯖に登録していたため、
2期の地図・資源配置と遠征先端を走る同盟が鯖開始何日目に武将砦(南東なのでターゲットは朱雀)に到達しているかを確認し、
自分たちが拠点作成時までに何マス進んで作成後に1日何マス進めばいけるかを計算する。
そして、5人の名声でもいけるという目処が立つ。
私が計算したわけじゃないのでどれくらいかは忘れた(ぁ
ちなみに当時はクエスト選択制ではなく順番制の上に、
UR黄蓋もまだないため拠点作成が可能になるのは大同盟でも鯖開始から数日後であった。

大まかな作戦としては初日夜に5人の遠征先発隊がINし、
2日目の昼以降たけのこ(新規城)が落ち着いた頃に足場役の4人くらいがIN、
ちなみに足場役は席の近かった同僚にお願いした。

初日夜にINしてみたら私の本拠地が意外と長沙に近かったので狙ってみる?という流れになるも
あっさりと中規模同盟に囲まれて断念。

翌日、足場役を投入後はほぼ全ての名声を遠投に使い、
遠征レースとしてはリカクシが頭一つ抜け出していた。
当時の遠征は拠点作成してから本格的にやるところがほとんどで、
それまでは近場のNPC砦包囲や高☆資源地に名声を使っっているところがほとんどだったと思う。
少なくともm23・24鯖南東で遠投による遠征をガッツリやっていたのはリカクシだけだった。

序盤に遠征するということは内政を捨てることになるため基本的にはやりたがる人は少ないし、
同盟が大きくなればなるほど「自分一人出さなくてもなんとかなるだろう」的な考えを持ちやすい。
しかし、1期目に遠征で連携する楽しさを知ってしまったリカクシメンの遠征先発隊5人は
自分の本拠地包囲もそっちのけで遠征していた。
むしろ、ノーガード戦法( ー`дー´)キリッ
とか言ってふざけてた。

また、1期の経験から楽しく遠征ができるように揉め事回避のための遠征ルールを策定したことも成功の秘訣だと思う。
ちなみに遠征ルールはというと

リカクシ遠征ルール
1.出兵前に一言で「○マス出します。」と書き込む。
2.出兵したら着弾時間を掲示板に書き込む。(ギャンブル出兵は基本禁止)
3.書き込んだら一言に「出して書きました。」と書き込む。
以上、ルールを守って楽しい遠征を

まあ当たり前のことなんだけど、
当たり前のことを当たり前にできる同盟が一番スゴイし怖いんだよね。戦争でも攻略でも。

今期ババババの森所属で戦争してこの辺は再認識させられました。
ここがすごいよね。って言ってもずっといる人は「当たり前じゃん。」と返しがくるんだけど、
それを当たり前にできてるのはババババの森だけかもしれんぞと。

( ゚д゚)ハッ!

で、朱雀砦目指して遠投してるリカクシは他同盟から20マス以上のリードを保ち遠征を進めていた。
そしたら来るわ来るわ勧誘書簡。
なかには「合流してあげてもいいですよ。」とか誰得だよワロス。
それら全ての勧誘書簡を丁重にお断りして突き進みます。

拠点ができる頃には次の同盟と40マス近い差がついていたような気がします。
そして、拠点作成後も当初の計画通りに遠征を進めていた。
このままいけばマジで5人で余裕を持って朱雀砦包囲できる(゚A゚;)ゴクリ
と思っていたが現実はそう甘くなく、簡単に少数同盟が武将砦包囲なんぞはできないのである。

異変に気づいたのは朱雀砦まであと30マスくらいになった頃であった。
「真北から猛烈に南下してくる同盟がいる!」という声があがり確認してみると、
それは朱☆雀同盟であった。

リカクシ2期1

だいたいこんな感じ。
朱☆雀同盟はその名の通り朱雀砦を目標にして遠征しており、
たった5人に負けてなるものかと数の暴力で次から次へと遠征先端に同盟員が飛んできている状態であった。

やばい抜かれるかもしれない…
と危機感を募らせたリカクシメンは計画以上の速さで遠征を進めたが圧倒的な人数差によって徐々に追い詰められていった。

朱雀砦まであと5マス程度まで来た時、隣接1マスは間違いなく取得できるが包囲できるかどうかが非常に微妙な状況になっていた。
しかし、隣接だけ持っていても先に攻略できるはずがないリカクシとしては意味が無い。
狙うは完全包囲しかない。
そこで朱☆雀の遠征ルートブロックを試みる。

リカクシ2期2

だいたいこんな感じ(
ルート外は武将砦周りということで単騎取得が困難な高☆資源地だった。
問題なのがルート上の☆3である。
拠点が少し遠くにあったこともあり、当時のリカクシメンには☆3を確実に取れる武将を誰一人持っていなかった。
いや、拠点近くに移せば☆5か6くらいまでは抜けるんだけども・・・。
拠点を移してから行軍するか?
いやいや朱☆雀の行軍スピードからいってそんなことをしている余裕はないはず。
この時、リカクシのブレーンが「30%~50%くらいで☆3抜ける武将が2枚ある。2枚とも☆3に出してみようか?」と提案してくれる。
少し悩んだが私の決断は、
「いや☆3ギャンブルは1発でいこう。もう1枚はその次の☆2に出してくれ。
 そうすればそっから先の☆1を5個まとめて私が取得できるから。その先端に拠点移せばあとは包囲できるはず!」
リカクシの遠征が成功するかどうかは☆3ギャンブルの結果にかかってきた。
着実に南下してくる朱☆雀にハラハラ・ドキドキしながら見守る・・・(人∀・)タノム




「抜けた!」
「よしっ!つながったね。その先もとれた。」


と地図を見たらこんな状況だった。

リカクシ2期3

だいたいこんん(ry
「あかーん、めっちゃ迫ってきてたwあぶねー」

ブロックに成功した我々は朱雀砦付近に遠征先発隊全員の拠点を集め一気に包囲することにした。
当初の予定より丸1日早い到着だった。
きつかった・・・でもやっぱり遠征は楽しいね。
などと若干打ち上げムードが漂っていたがここで終わりではなかった。
そう、本当の隣接バトルがその日の夜に待ち構えていたのである。

リカクシメンが拠点移動をしている6時間の間に朱☆雀が大外を回って朱雀砦の南側から隣接を狙いに来たのである。


リカクシ2期4

だいt(ry
「やべーよ、拠点まだかw 早くしてくれ。」
といった叫びリカクシ内部で上がり始めた。
秒を争う勝負になりそうなので各自出せる戦力を確認し、
誰がどこに出すかを事前に決めて移動時間を計算しておき数秒間隔で朱雀砦周りの領地を繋ぐ段取りを整えた。





リカクシメンの拠点が立つ頃にはもうこんな状況だった。(赤いところ私の担当分)

リカクシ2期5


d(ry
「もうあと3マスまで来てるう」
「あかーん」
「もうすぐ拠点立つよ!みんな段取り通りによろしく!」

もはやなにがなんだかわからないパニック状態・ハイ状態である。
出兵ボタン押すだけなのにこんなに手が震えたのはこれが始めてだった。
震える手で出兵ボタンを押して茶に戻る。

「皆段取り通り出兵できた?」
「できた!めっちゃ手が震えたけどっ」
「俺もだwあとは祈るのみだね!」

たった数分の行軍時間をこんなに長く感じたことはない。
地図を更新していくともう阿鼻叫喚状態。

「だめだ朱☆雀があと1マスまで来てるじゃん!」
「っく。頼む。間に合ってくれ!」
「あれ?なんか1マス間違ってね?」
「いやいやなんか知らんけど出てるみたいw」
「だめだもう見てられない><」
↑実際に茶でかわされた会話です。










「きた!きたんじゃね!」
「キタ━(゚∀゚)━!」

リカクシ2期6

(ry
またしてもタッチの差でリカクシが朱雀砦隣接領地を取得し完全包囲を成功させたのだった。
その日の夜は茶で大盛り上がりだったのは言うまでもない。

さて、最大目標を達成したリカクシだったが当然次の目標は最南東到達である。
しかし、さすがに朱雀砦包囲で気力も名声も消費が激しかったため行軍スピードはかなり遅くなっていた。
結局だらだらとリカクシが遠征しているうちに朱☆雀同盟が先に最南東へ到達してしまった。
また、朱雀砦周りでは朱☆雀同盟員の砦が乱立し、いつ襲われても仕方ないような状況となっていた。

何も外交しなければ確実にボコられるなと思いながらも5人VS100人以上の同盟で外交が成立するとも思えないので、
とりあえず外交ではなく朱☆雀の人に書簡してみようと考えた。
この決断が後にリカクシの運命を変えることになるのだが・・・まあ置いといて。
送り先は最南東に到達した朱☆雀を代表するドHENTAIのper氏である。
とりあえず「最南東到達おめでとうございます!」だけ送ったったw

この超絶ドHENTAIのper氏や朱☆雀の皆とは6~8期OTIで共に戦うことになるのだが、
この時は夢にも思わないよね。
あれ、この流れデジャヴ(孫子さんの流れ



( ゚д゚)ハッ!

どんな返事が来るかなとドキドキしていたらなんと朱☆雀同盟盟主補佐(兼外交官)taku.s氏から書簡が届く。

「ちょうどこちらから書簡しようとしていたところで、武将砦に続いて書簡も先を越されましたw
 色々お話してみたいのでよければ朱☆雀交流チャットへ来てください。」

とまあこんな感じの友好的な書簡だった。

その後、朱☆雀交流茶で
朱☆雀内でもリカクシを潰そうという強硬派と数人の同盟をこの規模で襲うなんて恥だという穏健派がいたことを聞いたりした。

リカクシとしては武将砦を包囲することが目的で砦攻略の報酬(BP・TP)があれば十分であったため、
攻略後に朱☆雀同盟に砦を無血開城することを決めた。
防衛面でもその方がいいと判断したためである。
また、その代わりと言うわけでもないが朱☆雀同盟のご好意で最南東に判子を作成させてもらった。

2期文字

1期と同じもん書いても生姜ない・・・しょうがないのでリカクシを朱☆雀で囲ってみた。
朱雀砦周りで朱☆雀に包囲され守られてるリカクシを表現してみた。
判子を書かせてくれた朱☆雀同盟への恩返しも込で。
お礼の書簡が何通かきて、書いてよかったーって思いました。

ちなみに、リカクシは足場役入れても10人くらいで通常のNPC砦は7個くらい所有していたため
全員にシルチケがまわるし、それで十分であった。
そして、少数同盟でできることはやり尽くしたということでリカクシ解散を決める。
*この時既に次期はクエスト選択制になることが決まっており大同盟と拠点製作可能時間の差が大きすぎて
 少数同盟が遠征をまともに出来るとは思えなかったのも理由の一つ

はっきり言って3期の予定は全くの未定であった。
各自燃え尽きていたため引退ムードも漂っていた。
何件か来期合流しませんか?的な書簡は来ていたが解散予定であると伝え全てお断りしてきた。
自分たちよりアクディブとは思えない中小同盟に合流しても面白いと思えないしね・・・。

しかし、鯖終了間近のお疲れ茶(朱☆雀交流茶)にて衝撃の展開をむかえることになる。
m23・24鯖でダントツ1位であった剛田雑貨店外交官の晴虹から
「予定なければ来期剛田で一緒に走りませんか?」
と誘われたのである。
それまでに朱☆雀交流茶で話したことはあったが1回だけ遠征談義をしたくらいであったため、まさかお誘いを受けると思っていなかった。
ほとんど解散・引退を決意していたリカクシメンの心が揺れた。
いや、鯖トップの同盟を経験したいと思い始めていた。

早速、剛田に誘われたことをリカクシメンに伝えると剛田で遠征できるならやってみたい、やってみようという話になった。
こうして、2期で燃え尽きた感のあるリカクシが3期で剛田に加入することが決まったのであった。

ちなみに、2期のエースは微課金ゴルダスで引き当てたUR張飛(極撃・ブンブン丸)。
当時としては3.5コスで張遼につぐ火力を持っていて引いたときはかなり嬉しかった。
が、付与したスキルが安定の豪傑だったことは言うまでもない。

2013/07/26(金)
m24鯖南東降り立ったリカクシメン。
5人で近場のNPC砦包囲してみたり、まったりと遠征をしていた。
とはいえ遠征にそこまで魅力を感じるわけでもなく、
たった5人なのですぐに包囲可能なNPC砦もなくなる。
結局攻略(包囲)できたNPC砦は3個でチケットもらえず。
(チケット目当ての合併依頼もあった気がしますが全部お断り)

さて、包囲可能なNPC砦もあっさりなくなり普通であればまったりサンシャイン三国志をするところだが、
同じプレイの繰り返しには耐えられず(単純作業嫌い・飽きっぽい)、みんなで何かしようよという話になる。

そこで私が半分冗談で提案したのが

「何の目的・理由もないけどなんとなく最南東まで遠征してみる?」

「というか最南東にたどり着くことが目的ね( ー`дー´)キリッ」


これに皆食いついて面白そう、やってみようということになる。

早速「リカク・カクシ破棄禁止」とかイミフな事が書いてある同盟TOPに
「最南東を目指します。だた目指します。それだけです。」
的なことを書き加え最南東に向けた遠征をスタートさせる。

だらだらとした遠征は順調に進んでいた。
スタートが東寄りなこともあって先に東側の壁付近まで到達し、後は南下するのみとなっていた。

ところがここで事件が起きる。
南下しようとした先に大同盟が農園を築くべく壁作りに禿んで・・・おっと励んでいたのである。
壁で封鎖されてしまったら最南東に辿りつけない・・・
焦った我々は未完成な壁(確か☆2か☆3の所を塞ぎきれてなかった)の突破を試みる。
突破しようとする我々に気付いた大同盟が数の暴力で壁を塞ぎにかかるも、
あまり連携がとれていないようで僅かな隙間を縫って壁を突き抜けることに成功する。

・・・なんだこれ。遠征ってメチャクチャ面白いじゃないか(マテ
とテンション上がっていたのも束の間、リカクシ盟主宛に大同盟から書簡が届く。
(この大同盟たしか南東○○攻略同盟だった気がするんだけど定かじゃないので伏せておきます)
内容は
「俺達の農園を荒らすな」
「これ以上邪魔するとこちらにも考えがある」
とまあ単なる脅迫ぇ。

これに対しリカクシでは
「ただ最南東に行きたいだけなのに…伝わらんかぁ」←当たり前
「まあ潰されて遠征できなくなっても困るから遠回りしよう(´・ω・`)」
ということでこれ以上南東なんちゃら攻略同盟を刺激しないように迂回することになる。

当時は1期ということもあり中規模同盟が多数存在し、
農園必要論全盛っぽかったので各同盟が農園作りに勤しんでたため、
かなりあっちこっち迂回した。

それと同時に自分の中で
「農園は同盟内外で争いの火種になる害悪」
という考えが根付き農園不要論支持者となる。
外はともかく同盟内で揉めてるのとかもうね。アホかと。

農園管理・僻地資源あさりは基本的に自分の領地つたいで取得するか互いに連携しあって取得すべきで、
挨拶・書簡もなく遠くから足場を求めて勝手に飛んでくる人とかまじ(゚⊿゚)イラネ消えればいいのに。



( ゚д゚)ハッ!

話を戻します。
僻地に点在する農園の間を縫って遠征しなんとか最南東に到達する。
最南東領地(600,-600)に砦を建ててリカクorカクシをセットすると裏ワザでTPもらえるとか
わけのわからん話で盛り上がってた気がする。

そして、遠征の途中から最南東についたらやってみたいことが私にはあった。

そうリカクシの風物詩、判子を押すこと(地上絵作成)である。

excelでポチポチとデザインして地図をみてみる。
Σ(゚д゚lll)ガーンおもいっきり領地化されてやがる。
ちなみにその時の様子を絵にするとこんな感じ↓

moji1.jpg


赤いところが領地化されていたのである。
領地化していたのは誰を隠そう孫子さんである。
当時のリカクシ内では
「やべー孫子って人めちゃくちゃ上位ランカーじゃん。怖くて書簡おくれねえよ\(^o^)/」
孫子邪魔だよ孫子(ぇ
「・・・デザイン変えます(;´Д`)」

ということで作りなおしたのがこの絵である↓

moji2.jpg


結果的にこっちのほうが地図を20×20にした時にぴったり収まるのでよかった。

そして判子作成後に話題の孫子さんから書簡が来て
「邪魔だったらどきますんで言ってください^^」
といってもらえたことで孫子さんの属性が
邪魔→とてもいい人 に書き換えられたのは言うまでもない。

その後しばらく接点がなかった孫子さんだが6~8期OTIで同じ同盟員となり
一緒に戦うことになるとは思いもしないよね。この時点で。

最南東に判子押したことで孫子さん以外にも何名か書簡をいただきました。
それらがリカクシメンのモチベーション向上に一役買ってくれました。
さすがに全員は覚えてないけど本当にありがとうございましたm(__)m

さて、最南東についたことで連携して遠征することの楽しさを知ったリカクシ。
さらには辿りつけたという自信から競合先が中規模同盟だろうが大同盟だろうがウソだろうが!(違
「綿密に計画すればこのメンバーで武将砦包囲を狙えるんじゃないか?」
「というか狙ってみようよ!」
と言った具合に盛り上がり2期目は南東の武将砦包囲を目標にすることとなる。

最後に、1期のエースは(無課金だからね)ライトダスで引いたSR太史慈。
思えばあの頃からダス引きは運営乙だったのかもしれない。Maybe

続く・・・

しかし長いな文章が…

Before  | Copyright © 元ブラウザ三国志 冬眠記 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。